今の医療の不満から改善点をミエルカするサイト

看護師さんといえば夜勤もこなさなければならないイメージが強いです。

 

病院にもよりますが、入院されている患者さんがいたり、救急外来を受け付けている病院では必ずと言ってよいほど夜勤はあるでしょう。
ただそういった場合、お子様がいるご家庭では夜勤で働くというのは少し難しいかもしれません。
状況によって預かってくれる場所や親戚がいるのであれば働くことは可能ですが、
協力してくれる場所や人がいなければ難しいですね。

 

 

夜勤専従で働くとなると、その場合は子供を預かってくれる場所を探さなくてはなりません。
子供を預かってくれる場所があるのであれば、夜勤専従でも働くことはできます。
ただ雇い先で子供の預かり場所を確保してくれかどうかというのは期待しないほうが良いですね。
雇い先によっては保育所などがあったり紹介してくれる場合もありますが、
よっぽどでなければそこまで配慮してくれるところはないでしょう。

 

 

ただ子供がいるから雇ってくれないということはありません。
きちんと夜勤をこなしてくれるのであれば、子供がいても働くことはできます。
ですが子供のことなどで急に夜勤を抜けてばかり…というのはできないでしょう。

 

 

夜勤の看護師が不足しているなかで、一人でも抜けてしまうと大変なことになってしまいます。
配属している人数も多くはないので、簡単に抜けることはできません。
そういった部分をきちんと守れるのであれば…という条件なども出てくるかもしれません。
子供がいる場合でも看護師の夜勤専従で働くこともできますが、
環境をきちんと整えて勤務先に迷惑がかからないようにする必要があるということも考えておきましょう。